top of page

2022

coronaism​

2021中国の天津で隔離期間の経験が基になっている。「Coronaism I」「Coronaism II」は、隔離部屋の扉を鉄という素材で象徴し、暗い部屋に閉じ込めらる暗鬱な気持ちを表現している。白い花が鉄の板を突き抜け、「光・希望・生への憧れ」を表し、白い花の部分からは外の景色を伺い見ることができ、筆者が隔離期間中に扉の覗き穴から外を見る視線や、情景を再現している。
着用後に手や服に残る鉄の錆は、鉄錆の特性を活かした作品の一部である。当時の苦しい感情と記憶の残留を表現している。隔離時の経験での生と死に対する想いを、白い銀の花と鉄の人工物との対比で表現した。

2022

The other side

供花から取った自然の要素と墓碑から取った形を組み合わせ、死を象徴する形から花が咲いている様を表現をし、生と死は切り離せない関係であることを示した。